本文へスキップ


技術研修会記録

研修会実施報告

巨樹・古木等の診断や治療をするたびに、一本毎に新しい発見があると思います。診断の際に文献にないような症状にぶつかったり、治療後に予期しない回復を示したなど、さまざまな事例を経験されていることでしょう。しかし、そうしたささやかな事例は、殆どの場合、個人の経験として蓄積されるだけで埋もれてしまうのが現状です。また、そうしたちょっとした発見や珍しい事例を報告する場が今までなかったということも事実です。
わたしたち「かながわ樹木医会」では、会員の実践における技術の収得と発展を重視しています。そこで各人の成功例や失敗例、診断の際に困ったこと、実践で有効な技術等を自分だけのものとして終わらせずに、会員共有の財産としていきたいのです。

そこで「かながわ樹木医会」では、樹木医および賛助会員を対象とした技術研修会を実施しております。